マイホームを有効活用!リロケーションってなに?
ロゴ

REinvestment

転勤が決まった際にはリロケーションを活用しよう

急に家を空けなければいけなくなったら...

社会人になると、急な転勤が決まってしまうことも多々あります。賃貸物件に住んでいる場合は転居すれば良いですが、持ち家がある場合には家を処分するわけにもいかず、どうすればいいか悩んでしまうことも多いでしょう。そんな時の選択肢の一つとなるのがリロケーションです。リロケーションとは「住居を一時的に賃貸物件として貸し出すこと」で、こちらを利用することによって転勤中も持ち家を収益物件として利用することが出来ます。

リロケーションを利用する前に気になる事ベスト5

no.1

費用

リロケーションは賃貸代行会社と契約して管理を委託することになるため、契約を交わす際には初期費用がかかります。賃貸物件に住む際に契約金を支払うように、リロケーション契約の場合も一ヶ月から二ヶ月分程度の賃料が契約金として請求されるため、検討する際には事前に用意しておくことが大切です。

no.2

状態

住宅をリロケーションで賃貸する場合には、事前にハウスクリーニングなどを行い、住宅内をきれいにしておく必要があります。家具などはそのままにしておくことも出来ますが、物などは撤去しておくと良いでしょう。

no.3

期間と延長

代行会社と交渉することで、リロケーション期間を延長してもらうことが可能です。ただし期間を短縮する場合は、入居者との兼ね合いもあるため融通が利かない場合もあることは覚えておきましょう。万が一予定より早く住宅に戻ることが決まった場合には、可能な限り早い段階で代行会社に相談しておくことをおすすめします。

no.4

家賃保証

一般的な管理会社と同じように、リロケーションを行う代行会社の中には家賃保証を行ってくれる場合もあります。多少代行会社にお渡しする費用は高くなりますが、入居者不在の状態でも収入を安定させたいのなら是非家賃保証サービスを活用すると良いでしょう。

no.5

トラブル

リロケーションを渋る方の意見としてよく耳にするのが、トラブルの可能性です。大事なマイホームを貸し出すことになるため、「家の中が汚くなったりしないか」「荒らされたりしないか」と考えてしまう方もいるでしょう。しかしリロケーション代行会社の多くはトラブルに対する保証も手厚く用意しているので、万が一トラブルが生じても安心して対応を任せることが出来るでしょう。

マイホームを有効活用!リロケーションってなに?

リフォーム工事

専門の管理業者に委託しよう

リロケーション代行業者は「物件の保全」「入居希望者への営業」「家賃の集金」「トラブルの対応」など様々な業務を全て請け負ってくれます。苦労して購入したマイホームや、両親から相続した家を任せるためには、実績の多い大手代行業者などにリロケーションを任せると良いでしょう。

いつごろから準備すれば良い?

リロケーションは最低でも退去の一ヶ月前、可能であれば三ヶ月ほど前から契約の交渉を行う必要があります。住宅を貸し出す際にはハウスクリーニングなどの設備保全を行わなければいけないため、その準備期間を設けるためにもできるだけ早い段階から代行業者に連絡をとっておきましょう。

転勤前にしておくべきこととは

転勤前に注意すべきこととして、役所やクレジットカード会社には住所変更の手続きを行うようにしましょう。住所変更手続きを忘れてしまうと、大事な郵送物がリロケーション中の住宅に届くことになります。プライバシーを守るためにも、住所変更は忘れないようにしましょう。

解約時にはハウスクリーニングを依頼しましょう

リロケーション契約直前と同様、解約の際にもハウスクリーニングを行うので、きれいな状態でマイホームを明け渡してもらうことが出来ます。ハウスクリーニングに掛かった費用は家賃収益から差し引くことになりますが、手配などは全て代行業者が行ってくれるので、オーナー側が手間を掛けることはありません。

長期間マイホームを空ける際には

住宅は、人が居ない期間が長くなればなるほど劣化が早くなってしまいます。転勤などで長期間マイホームを空けなければならなくなった際には、住宅の劣化を防ぐという意味でもリロケーションを利用すると良いでしょう。