ロゴ

REinvestment

マンション経営やリロケーションで土地をフル活用しよう

不動産、どう使う?

「所有している土地の活用方法がわからない」と悩んでいる方は、実は少なくありません。土地活用には賃貸物件の経営や住居としての利用、売却といった選択肢がありますが、活用方法を一度決めてしまうと後戻りがしづらくなるため、なかなか一歩目が踏み出せないという方が実は多いのです。しかし土地はただ持っているだけでも固定資産税が発生してしまうため、出来る限りは活用するか売却するかの判断を下しておくほうが懸命です。

売却するか、活用するか

売却するメリット

「不動産経営なんて面倒だ」「課税される金額をできるだけ減らしたい」という方は、早々に土地を手放してしまったほうが楽かもしれません。不動産会社に土地を買い取ってもらえば数百万円から一千万円を超える金額を手にすることが出来ますし、課税も無くなるのでただ持っておくより建設的な選択と言えるでしょう。

活用するメリット

一方、土地活用を行う場合には初期費用がかかる場合がほとんどです。土地を使ってマンション経営を行う場合にはマンションの建設費用がかかりますし、駐車場にする場合には土地の舗装費用がかかります。しかし10年以上運用を続ければ初期費用より収益が上回るため、最終的には収益物件となるでしょう。

長い目で見ると土地活用がお得

今すぐ費用が必要な場合には売却がおすすめですが、長い目で見ると賃貸運営や駐車場経営といった土地活用のほうがお得になります。上手に土地活用を行えば収益がプラスに働くのも早くなるので、土地の立地などを踏まえて土地活用を検討してみてはどうでしょうか。

一般的な土地活用の例

マンション経営

土地活用に限らず、数ある不動産投資の中でも特にポピュラーなのがマンション経営です。マンション経営は初期費用ほど高いものの、入居率が高ければ収益率も高く、早ければ15年ほどで投資費用を回収することが可能です。投資した金額を回収した後は維持費以外を全て収益に回せるため、最終的にはかなり収益率が高くなるでしょう。

駐車場経営

比較的狭い土地でも導入できる土地活用法が、駐車場の経営です。駐車場経営は一軒家程度の広さからでも始められる土地活用で、初期費用もマンションに比べると殆どかかりません。もちろんマンションほど収益率は高くありませんが、設備の整備から運用までを駐車場経営会社に委託できるため、気軽に始められる土地活用と言えるでしょう。

賃貸経営

土地ではなく家を相続した場合には、賃貸経営も選択肢の一つとなるでしょう。家を修繕して貸し出す賃貸経営なら初期費用もハウスクリーニング代程度しかかかりませんし、貸出期間中の管理を全て任せられるため、手間がほとんどかかりません。また、最近では出張など一時的に家を空ける期間だけ賃貸物件として活用する「リロケーション」も一般的となっています。

[PR]
コインパーキングの経営を手続き
色々な説明をスタッフが案内!

不動産活用に迷ったらマンション経営やリロケーションを始めよう

空き部屋

土地を持っていない方にも人気

不動産投資は土地を持っていない方でももちろん始められます。不動産を購入して投資に活用するのも良いですし、最近では「マンションを複数のオーナーが投資し、収益を分配する」といった投資方法も登場しています。用意する初期費用に応じて投資の規模も変わってくるので、予算と相談してどの投資が良いのかを判断すると良いでしょう。

マンション投資の流れ

マンション投資の流れとしては、まずマンションを建設、もしくは購入し、それから管理会社と契約して諸業務を委託しましょう。自分で管理することも不可能ではありませんが、設備保全や家賃の解消、住民トラブルの対応など管理人のやることは非常に多いため、少し費用を払ってでも管理を委託したほうが無難と言えるでしょう。管理の仕方によって入居率も大きく変わってくるので、安定して家賃収入を得るためには専門の会社に任せたほうが安心です。

入居率を高めるためには?

いくら良いマンションを用意していたとしても、入居する住民が居なければ収益を得ることは出来ません。マンションの入居率を増やすためには、立地や間取りによってメインターゲットを絞ることが重要です。学校の近くなら学生向けの値段で家賃を設定し、グレードが高めの住宅地にある場合は家賃を高めにしてペット入居可などの付加価値をつけると良いでしょう。

[PR]
リロケーションを利用
初めての人にオススメの案内情報

[PR]
不動産投資なら初心者でも安心
色々な情報が調べられる

[PR]
マンション経営の手続きが簡単
簡単に利用することができちゃう

[PR]
マンション経営を検討中
給料以外の収入